洗い流すトリートメントの使い方

洗い流すトリートメントって使った事がある方がほとんどではないでしょうか?
でも洗い流すトリートメントの使い方、本当に正しくできていますか?
こちらで正しい使い方について紹介していきます。

シャンプー後は髪についた水気をしっかり切ってから、トリートメントをつけましょう。
シャンプーの水気を切らずにそのままトリートメントをつけてしまうと、トリートメントの良さを実感できない可能性があります。

トリートメントを適量手に取り、両手をすり合わせて指の間に広げ、毛先からつけていきましょう。
傷みやすい毛先からつけていくのがおすすめです。
毛先を中心に手ぐしでムラにならないよう、トリートメントをしっかりとなじませましょう。

このときに注意しなければいけないポイントは、毛先を強くこすらないようにすることです。
濡れた毛先は、髪同士がこすれることによって枝毛や切毛の原因になる場合があるので、こすらないようになじませましょう。
トリートメントをつける際に、トリートメントが頭皮につかないようにすることがポイントです。
頭皮についてしまうと毛穴をふさいでしまい、頭皮に負担がかかる可能性がありますので、髪の毛の根元から離してつけましょう。

コメントをどうぞ