未成年者は保護者の同意が必要

2017/03/23

エステに通いたいと思っている方も多いと思いますが、実はエステに通うには未成年の場合は同意が必要なのです。
そこで、こちらでは未成年者がエステに行く際の注意点をお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

学生などの未成年者は保護者の同意を得られなければ、エステの契約をすることができません。たとえトライアルエステであっても、契約時には保護者の同意書が必要になります。
エステサロンによっては公式ホームページから同意書をダウンロードし必要事項を記入後、署名・捺印を行えばお手入れを受けることができるとしていますが、ほとんどのサロンでは、契約時のカウンセリングには保護者の同伴を求めています。

エステメニューの選択から、施術費用、支払い面の相談もありますので、保護者同伴で契約をすることが前提です。
また、18歳~19歳の未成年者の場合は、保護者同伴が不要な場合が多くありますが、保護者へ確認の電話を行うこともあります。

そして気になるのは、費用面です。
美顔や痩身はポピュラーなエステメニューですが、希望するコースばかりを選択すれば高額になってしまいます。学生の場合はエステローンが組めないことも多いですし、保護者の負担になってしまうことも多く見られます。

サロンによっては、キャンペーン価格が適用されることのほか、学生割引が適用されることもあります。
また、学生向けのコースを設定しているサロンもありますので、事前に確認することをお勧めします。

接客重視!な人におすすめの脱毛サロンは?

2017/02/11

脱毛サロンってものすごく接客重視する方が多いですよね。
やはり接客がうまくいっていないと長期間通うのは難しいからです。
こちらではそんな方におすすめの脱毛サロンについて紹介します。

ミュゼプラチナム
大手脱毛サロンの中でも、店舗数も利用者もダントツに多く、接客にも満足の声が多いのがミュゼプラチナムです。
同じ脱毛サロンでも店舗やスタッフによって接客レベルはそれぞれですし、利用者側でも良い悪いの感覚は様々なので一概にこのサロンがダメ、と決めつけるのは難しいもの。
従って、同じ脱毛サロンなのに良い悪いの評価は分かれてしまいがちなんです。
ですが、ミュゼの口コミには、全国の口コミをまんべんなく見ても接客が悪かったという内容が少ないです。
より多くの人がミュゼの接客に不満なく、脱毛を続けています。
全店舗が直営店で、スタッフの全員が正社員なのもミュゼの技術力・接客力が一定して提供されている理由と言えるでしょう。

しつこい勧誘がないというのもミュゼの魅力です。
いくら公式HP上で、「勧誘しません」とアピールされていても、実際は他コースの紹介がしつこくて、断るのが大変だったということも少なくありません。
ミュゼでももちろん公式HP上で勧誘をしないことを明言していますし、 実際に体験した人からも、「本当にあっさりしてて勧誘はなかった」、という声が多いです。
脱毛サロンの勧誘がどうしても怖い、と構えてしまいがちな人でも安心して通えます!

コラーゲンの過剰摂取は肌荒れの原因になる?

2016/11/10

コラーゲンは肌に良いとされていますが、過剰摂取は肌荒れの原因となることもあるのでしょうか。
こちらではコラーゲンの副作用について紹介します。
コラーゲンが良いと思っている方はぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

コラーゲンを増やしたいと考えるなら、サプリメントが一番手軽な方法と言えるでしょう。
しかし、摂りすぎには副作用の可能性もあるので、過剰摂取は禁物です。サプリメントを摂れば摂るほど効果があるわけではなく、必要量以上を摂取しても余剰分はアミノ酸に分解され、体外に排出されてしまいます。
また、過剰摂取すると、タンパク質であるコラーゲンを分解する肝臓に負担がかかり、体調不良になってしまうかもしれません。

直接肌に注入するコラーゲン注射にも、副作用があることを知っておきましょう。
赤く腫れたり、硬くなったり、アレルギー反応が起きることもあります。
さらに、コラーゲンを注入した部位の血液循環が悪くなり、皮膚壊死などの副作用を起こす可能性もあるようです。
このような副作用を回避するためにも、コラーゲン注射は実績と経験が豊富な、信頼できる美容外科で行うようにしましょう。

ファンケルでは、肌に弾力とハリを与えるスキンケアアイテムを取り揃えています。
手軽に使える「エイジングケアマスク」には、吸収されやすい低分子化したコラーゲンを配合。さらにコラーゲンを循環させるための栄養素であるアミノ酸やビタミン類、ミネラルも加えているので、効率よく肌に吸収されます。

炭酸パックは毎日するの?

2016/11/05

炭酸パックってやっぱり毎日したらあまり良くないイメージですよね。
しかし、炭酸パックってどれくらいの頻度でやれば良いのか迷いますね。
こちらでは炭酸パックは毎日するべきなのか、紹介したいと思います。

炭酸パックの最大の作用は、肌細胞の活性化です。
発泡する炭酸ガスが血行を促進し、なおかつ肌の内部にまで浸透する珍しい自然物質になりますので血管の中にまで炭酸ガスは入り込むことができます。

そして血管に入り込んだ炭酸ガスが酸素を押し出してくれるため肌の活性化につながるのです。
初めての一度の使用で、確かにその効果は実感できます。
しかしその肌細胞はしっかりと目覚めてはいないのです。
まずは1週間から10日間程度、しっかりと肌細胞を目覚めさせることが大切です。

そのことによって目覚め、鍛えられた肌細胞は基礎代謝があがってくるのです。
その日だけのハリのある肌ではなく、継続できる肌本来の質を変えていくということです。

鍛えられた肌は、その後は週に1度の使用で充分に効果を発揮してくれます。

ただし、使い始めは1週間から10日程度、毎日使用することもまた基本です。
週に一度の頻度となるのはその後であるとお考えください。

脱毛のデメリットと対策法

2016/09/30

脱毛をしようと思っても、なかなかうまくいかないのではないか?と不安になる方は多いと思います。
脱毛ってやっぱりすごく怖いと思うし、初めての方はデメリットが気になるところ。
そこで、こちらでは脱毛のデメリットと対策法について紹介したいと思います。

ある種のデメリットとも言えるのが、脱毛には時間とお金が掛かる事です。
全ての永久系脱毛方法は1回の施術では、終わりません。
毛のサイクルに合わせて、何度か施術を行わないといけない為、時間とお金がかかります。
通う回数と単価は店舗により変わります。
数店舗話を聞いて、信頼できる所を選びましょう。
途中で辞めてしまうと結局自己処理をしなければならず、ムダになるので気を付けましょう。

レーザー脱毛や光脱毛は黒いものに光を集めて脱毛を行います。
その為、お肌が黒いと効果が出にくくなります。
凄く日焼けしている場合は施術を断られる場合もあります。特に行動が制限されてしまうでしょう。
夏でも冬でもUVクリームはマストで使用しましょう。
どうしても焼けてしまう方は、施術者と相談し、夏の施術を控えるのも手です。
その場合、毛周期が乱れ余分に回数がかかる場合があります。